(621,822 - 424 - 313)
社会福祉法人 高知市社会福祉協議会

高知市災害ボランティアセンター

災害ボランティアセンターは、まず被災者のニーズを集め、整理します。ニーズは、被災者から直接届くこともあれば、避難所等を訪問してニーズを拾い起こすこともあります。集められたニーズをもとに、一般のボランティアを派遣したり、専門技術を持ったボランティアを派遣したりします。ボランティアでは対応できないニーズもあるため、その場合は行政やNPO団体等に依頼します。災害ボランティアセンターがニーズ全般の窓口となることで、被災者がたらい回しにならないようになっています。支援を有効に活かし、効果的・効率的に被災地のニーズに対応、調整して地域を復旧・復興します。

高知市災害ボランティアセンターに関する写真高知市災害ボランティアセンターに関する写真

                    東日本大震災におけるボランティア活動の写真

社会福祉協議会が災害ボランティアセンターを設置する理由

災害ボランティアセンターが注目され始めたのは、1995年の阪神淡路大震災からです。当時は、ボランティアについての知識や経験がまだ定着していませんでしたが、延べ137万7,300人がボランティア活動に参加しました。それ以来、復旧・復興にボランティアの存在は不可欠となりました。その後、大規模災害が発生する度に、災害ボランティアセンターが設置され、ボランティア及び災害VCは徐々に浸透していきました。
NPO団体等が運営する災害ボランティアセンターもありますが、最近は社協が主体となり、NPOやボランティア団体、企業等の関係団体や行政と連携して災害VCを設置、運営することが多くなっております。それは、社協は平時より行政や民生委員、ボランティア団体等とつながりがあり、災害時においても連携をとりやすいからです。

お問合せ先

〒780-0870 高知市本町四丁目2番40号 ニッセイ高知ビル3階
地域協働課 TEL 088-856-5539 FAX 088-856-5549